HOME>イチオシ情報>ピアノの買取方法と買取前のチェックポイント

ピアノの買取方法について

ピアノの買取方法は、ピアノ専門の買取業者やリサイクルショップがあります。また、フリマアプリを使い売買することもできます。

ピアノを高価買取してもらうためには、事前にココをチェック!

たくさんの業者に査定してもらう

業者によって査定金額が異なるのでできるだけ多くの業者に査定してもらいましょう。

きれいに掃除をしておく

外側に着いた指紋を拭き取るほか、鍵盤もきれいにしておきましょう。

椅子やカバーもそろえておく

ピアノだけでなく、付属の椅子やカバーもそろえると高く売れます。

調律や大掛かりな修理はしない

音が狂っていてもそのまま出す方が、結果的に手元に残るお金が多くなります。

追加料金がかかるか確認する

出張査定をしてもらう場合、出張費がかかるのかどうか確認しておきましょう。

動作可能品が原則として買い取って貰える

ピアノ

ピアノの買取業を行っている会社は原則として買取において動作可能品であることを設定付けています。つまり動作しない子商品については引き取らないのがピアノを専門として売買する業者の特徴であり、動作しない者は商品としての価値が無いため、買取を行わないのです。その為、多くのピアノを扱う会社では動作可能品を買い取りますが中には動作しない物を買い受ける会社もあり、そうした会社においては修理することで利益を得ることが出来るため買い受けますが、それでも買い受けることが出来るのは修理可能な範囲で損傷をしている場合のみです。

エレクトーンも引き取り可能な企業もある

演奏

ピアノとは異なり、電気で音を出すエレクトーンの買取もピアノと平行する形で行う企業もあります。こうした企業では、楽器と言う枠組みでエレクトーンもピアノと同等品であると考えるが故買取を行うのです。ただ、エレクトーンの場合は、電気的に動作をするものであるため電源が入らないと買取をして貰えないことが多く、修理可能であるかどうかが分からない限り買い受ける側も商品を持ち帰ることに躊躇をしてしまいがちです。これについては、ある意味仕方がない部分があり、ピアノ同様動作しないと売り物にならないため、買取を断るのです。

最後の手段はリサイクルショップ

ピアノを弾く

買取手が付かないピアノは廃棄するしかないのかと言う問題ですが、実はそのようなことは無く売買する手法はあります。例えばリサイクルショップは高い修理技能を持つ方が商品を買い取り、修理をすることで動作可能品として売買をします。つまり、リサイクルショップであれば、買取をして貰えない損傷があるピアノでも買取をして貰える可能性があるのです。